大阪24区

「都市の景観と躍動」へ、ようこそ!
・当サイトは大阪の都市開発及び交通・経済・文化 等の考察、検証によって、大阪のあり方を考えま す。
・記事写真の著作権は制作人・著作人に帰属しま
公開開始日:2002年8月11日

▼カテゴリー
  大阪24区:天王寺・上本町
  鉄道・道路
  プロジェクト
  リンク
  掲示板・動画
  大阪情報サロンU

★管理人宛:メールフォーム

◇上阪感想記
◆管理人のHP
◇スポンサードリンク

  天王寺

 副都心「天王寺」

大阪の南玄関といえるJR天王寺駅を中心としたターミナルである。近鉄阿部野橋駅と接 しているが、天王寺区と阿倍野区の区界となっており、近鉄阿部野橋は阿倍野区であ る。阿倍野も含めて天王寺という場合が多い。

天王寺とは四天王寺の略称である。JR天王寺駅・地下鉄御堂筋線・谷町線天王寺駅、 近鉄南大阪線阿部野橋駅(部と表記)、阪堺電気軌道上町線天王寺駅前駅、路線バス、 高速バスが集中するターミナルとなっている。
近鉄ターミナルは近鉄百貨店がある本館を解体して高さ日本一となる超高層複合ビルに 建替え工事中である。JR駅には天王寺MiO、駅ビルのステーションプラザてんのうじがあ る。

阿倍野は近鉄の商業的本拠地であるため、近鉄百貨店阿倍野本店の建替えの他に「H OOP」や「and」といった商業施設を集中投下しており、梅田や難波・心斎橋といった地域 との劣勢挽回の再開発が最盛期を向かえつつある。
さいわい南西側の阿部野再開発地域も始動し、イトーヨーカドーや東急ハンズを中核とし た巨大商業施設が平成21年春オープンの予定で工事中である。近鉄ビルよりも早い完 成が予定されているが、人の流れが大きく変わるのか、予想は難しい。

大阪の街は圧倒的に電車利用主体になっているが、阿倍野地域においては、クルマ利 用が多くなるかもしれない。古くはそごう進出も予定されていた長年に渡る阿倍野再開発 もいよいよ最終段階にさしかかったわけである。

天王寺駅は大阪南部だけでなく、奈良県や和歌山県からの玄関として機能していたが、 JRになってから、長距離列車が新大阪方面に直通する列車が多くなり、ターミナルとして の地位は低下していると言われる。

天王寺・阿部野区は上町台地上にあり、新世界や新今宮を下町とすれば上町である。夕 陽丘にもあるように、標高もかなり高くなっている。
近くに河堀の地名も残っているが、古く大和川を大阪湾に流すための掘削工事が実施さ れたこともあったが、上町台地横断の水路は完成せずに失敗した名残りの地名が河堀で ある。

JR関西線及び大阪環状線の線路は上町台地を掘割で横断している。その半地下のよう な掘割部に天王寺駅があり、阿倍野橋が架かっているのである。
(平成21年11月10日作成)

 JR天王寺駅ビル。前面の道路は阿倍野橋という陸橋である
 
 阿倍野近鉄ターミナルビル。解体前の外観で、日本一の新ビルが新築される
 
 天王寺公園から見た天王寺ターミナル
 
 ◇関連リンク
 2010.02.06◇阿倍野フープ知っていますか?
 2008.12.06◇【大阪の街】天王寺

 梅田 中之島 御堂筋 淀屋橋・北浜 難波 弁天町 南港
 上本町 京橋 天満橋 桜之宮・天満 新大阪
  

  鉄道・道路

 2010.2.27◇大阪地下鉄新線計画案
 2010.2.18◇地味に凄い京阪電気鉄道
 2010.2.13◇JR西日本のデータから

 2010.3.09◇庚申街道&高野街道
 2010.3.04◇第二京阪道路、3.20全線開通
 2009.10.9◇国道172号・みなと通り
 

  プロジェクト

 梅田阪急ビル建替え計画
 大阪駅開発プロジェクト
 中之島フェスティバルタワー
  近鉄阿部野橋ターミナル整備計画
 
  


  上本町

文教地区の一角、近鉄上本町ターミナル

上本町は大阪都心東部の上町台地にあり、南北に続く上本町のほぼ中央の上本町6丁 目に近畿日本鉄道の上本町駅がある。
東西に走る千日前通りを西に向かうと日本橋、難波までそれほど距離は離れていない。 やや外れた立地もあって規模の大きくないターミナルである。

近鉄が難波に乗入れるまでは奈良線・大阪線のターミナルであったが、現在では大阪線 の始発駅でありながら、大阪線も鶴橋乗換えが難波方面には便利になっている。地下鉄 谷町線との乗換えは可能であるもののターミナル機能は後退した。近鉄単独のターミナ ルといえる。近鉄本社は上本町駅南側にある。

近鉄の源流を辿れば、上本町−奈良間の大阪電気軌道で、大軌と略称された。近鉄とい う会社は合併統合で巨大化した私鉄であったのだが、その母体は大阪電気軌道、関西 急行鉄道、戦時下の昭和19年には南海と合併して近畿日本鉄道と変遷している。国策 での統合だったので南海は戦後は分離した。

国鉄を別にすれば、近鉄は伊勢行きの長距離電車が大きな憧れだった。大阪の小学校 の修学旅行先の定番でもあったし、高速電車の雄と鉄道ファンにいまに語り継がれる電 車が、参宮急行の2200形であった。
参宮急行電鉄とは、近鉄の前身の大阪電気軌道が大阪線を桜井まで開通させたのち、 伊勢神宮参詣の路線を目論み、参宮急行電鉄という別会社を設立して建設した高速線だ った。桜井−山田間が開通したのが昭和5年、その電車が参宮急行のデ2200で、最高峰 の高速電車「サンキュー2200」と呼ばれた。
昭和16年には大阪電気軌道が参宮急行電鉄を合併して関西急行鉄道となり、昭和19年 に南海鉄道と合併して近畿日本鉄道となった。

上本町は南北に細く長い上町台地に当るため、鉄道の敷設状況は天王寺に似ている。 天王寺における阪和線、あるいは近鉄南大阪線のように高架線で到達しながら、ターミナ ル駅はどちらも地平ホームになっている。上町台地に駅が乗かったわけである。

近鉄百貨店上本町店とシェラトン都ホテル大阪、小規模なオフィス街、再開発ビルからな る。周辺は住宅文教地区としての性格が強い。もと近鉄劇場跡地には近鉄上本町南ビル が建設されており、オフィスとともに「新歌舞伎座」が難波から移転入居の予定である。近 年においては超高層マンションの建設も著しいものがある。
(平成21年10月30日作成)

  上本町6丁目の近鉄上本町ターミナル施設群
 
  上町筋を南から上本町6丁目方面を望む
 

 梅田 中之島 御堂筋 淀屋橋・北浜 難波 弁天町 南港
 天王寺 京橋 天満橋 桜之宮・天満 新大阪
  




トップへ
トップへ
戻る
戻る