大阪24区:淀屋橋・北浜

「都市の景観と躍動」へ、ようこそ!
・当サイトは大阪の都市開発及び交通・経済・文化 等の考察、検証によって、大阪のあり方を考えま す。
・記事写真の著作権は制作人・著作人に帰属しま
公開開始日:2002年8月11日

▼カテゴリー
  大阪24区:淀屋橋・北浜
  鉄道・道路
  プロジェクト
  リンク
  掲示板・動画
  大阪情報サロンU

★管理人宛:メールフォーム

◇上阪感想記
◆管理人のHP
◇スポンサードリンク

  淀屋橋・北浜

 経済の中枢「淀屋橋・北浜」

北浜は船場のもっとも北の街区の地名である。土佐堀川に面した浜の意味から北浜とな ったとされる。しかし一般的には京阪本線及び地下鉄堺筋線の北浜駅周辺を指す場合が 多い。堺筋から東側が1丁目、御堂筋から西側が4丁目となっている。
しかし、昭和初期に御堂筋の拡張と同時に、地下鉄淀屋橋駅が設けられて淀屋橋の地 名が隆盛となった。くわえて京阪本線が昭和38年に天満橋から延長されて、淀屋橋がタ ーミナルとなった。
平成20年には京阪中之島線も開通して、淀屋橋に近い場所に大江橋駅が設けられた。 御堂筋線との乗換えは淀屋橋が地下通路連絡なのに、大江橋は乗換えが不便であるこ ともあり、京阪のターミナル拠点は相変わらず淀屋橋である。

淀屋橋は大阪の都心中の都心といった場所になる。北浜とともに、とうぜんにビジネス地 区であるが、北浜1丁目の交差点南東角に大阪証券取引所ビルがあり、伝統的に北浜 は証券会社が軒を並べた町であった。御堂筋の西側は住友村である。

もともと大阪の街区は東西に長い町名からなっており、北側より高麗橋や伏見町、道修 町・平野町といった町名がある。町は「まち」と発音する。古くは東西道路がメインで南北 道路は補助的とみなされたが、近代になって大阪駅や南北道路の整備拡張によって、南 北道路がメインの流れになった。古い東西街区においては、町名が通り名を兼ねている。

伝統的に中心街区であることから、淀屋橋近くには淀屋の屋敷跡の碑や、幕末の蘭学塾 緒方洪庵の「適塾」の建物が保存されている。
近代のものしては御堂筋の西側寄りに「大阪倶楽部」が現役会館として稼動している。

このあたりは住友の本拠地であり、三井住友銀行本店、住友ビル1号館などのビルが威 容を見せている。御堂筋に面した日本生命本社が不沈艦のような近代ビルの姿も見え る。

御堂筋や堺筋の大通りは、とうぜんに電線の地中化がされているものの、中の街区の電 線の露出は景観を台無しにしているのはもったいない。丸の内のような整然としたオフィ ス街にならないのは、江戸時代からの古い街区のためでもあるが、電線の地中化だけで も印象の違ったビジネス街になるはずである。
古くからの街に、重層的に中心市街地があるのが大阪都心である。
(平成21年11月3日作成)
 
 北浜4丁目に位置する三井住友銀行大阪本店(旧住友ビル)
 

 北浜1丁目交差点、大阪証券取引所ビル
 

 ◇関連リンク
 09.12.10◇やってきました本家住友ビル
 09.11.25◇北浜散策:そのV


 梅田 中之島 御堂筋 難波 弁天町 南港
 天王寺 上本町 京橋 天満橋 桜之宮・天満 新大阪
  

  鉄道・道路

 2010.2.27◇大阪地下鉄新線計画案
 2010.2.18◇地味に凄い京阪電気鉄道
 2010.2.13◇JR西日本のデータから

 2010.3.09◇庚申街道&高野街道
 2010.3.04◇第二京阪道路、3.20全線開通
 2009.10.9◇国道172号・みなと通り
 


  プロジェクト

 梅田阪急ビル建替え計画
 大阪駅開発プロジェクト
 中之島フェスティバルタワー
  近鉄阿部野橋ターミナル整備計画
 
  





トップへ
トップへ
戻る
戻る